オラクルカード

コーヒーカード

コーヒーカード占い
コーヒーカード(ミニサイズ)
税込価格:2,420円(本体2,200円)
カードサイズ:W86×H59mm
表面:PPマット加工
内容:カード32枚、キーワード早見表入り
監修:トリプルK(桜野カレン・香・高橋桐矢)

商品番号358
個  
32種類のシンボルが浮かぶシンプルでおしゃれなカード
32種類のシンボルが浮かぶ「ラテアート」でおなじみ、 「コーヒーカード」が新デザインで登場します。おしゃれなカフェを思わせるストライプのパッケージと、おそろいのリボンの上にシンボルの名前をデザインしました。
裏面はこんがりビスケットのデザインで、シャッフルしながら幸せ気分。新たに加わった「6つの属性」入りで、初心者さんにも使いやすいアイテムです。
「コーヒーカード 」は、近年大人気の「ルノルマンカード」と一部のシンボルが重複しますが、より「本能的」なカードが多いのが特徴です。そのため、本人の気持ちや本音がハッキリ出やすく、明確な結論を示してくれます。占い方はルノルマンカードと同じですが、カードの枚数が32枚のため、8列×4段のグランタブローが主に使用されていました。
原型となった18世紀の「コーヒーカード 」は、大英博物館に現在でも収蔵されています。FCMから発売されるコーヒーカードは、ルノルマンリーダー・トリプルKのオリジナル版。「森」「草」などの自然のカード、「蝶」という昆虫カード、「ワンド」や「薔薇」などが加わり、より鮮やかに、気持ちや現状が示されるようになっています。
著者:トリプルK

桜野カレン
ルノルマンカードをはじめ、タロットカード、数秘術、ローズダウジングなど様々な占術をマスターする人気鑑定士。特に、ルノルマンカード研究においては日本トップレベルの深い造詣を持ち、講師としても活躍。その正確無比な的中力と愛にあふれた助言に、相談者からは感謝の声が続々と寄せられている。電話占いや対面鑑定では、常に予約が取れないほどの人気を博し、顧客には文化人、マンガ家、超大手会社経営者ら、数々の有名人が名を連ねている。著書に『ルノルマンカードの世界』


幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。2003年、プロ占い師としての活動を開始。2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け、願望実現の仕組みを求め エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。2009年に個人サロンをオープン。有名な法則やワークも 全ての人に効果が出るわけではないと気づき、占いをもとに個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。2010年より占い専門誌「Misty」本誌に記事などを掲載。現在は、不動産会社で働きながら、東京・高田馬場の個人事務所にて 年間400名のセッションを行っている。著書に『ザ・ルノルマンカード』(説話社)。

高橋桐矢
福島県生まれ。ファンタジックな空想世界に親しみ、創作の道を志す。独学でタロット占いと西洋占星術を習得し、上京後、電話占い鑑定をスタート。2000年、小松左京賞努力賞に入選し、小説家としての活動を始める。日本児童文学者協会会員。2011年、日本ではじめてのルノルマンカードを使用した有料鑑定サイトをオープン。現在は占いと児童書の執筆をメインに活動中。著書に『占い師のオシゴト』(偕成社)、『実践ルノルマンカード入門』(学研プラス)、『説話社占い選書12 大地からの16の神託 ジオマンシー占い』(説話社)、『あたしたちのサバイバル教室』(ポプラ社)、『占い師入門』(雷鳥社)他、多数。

『コーヒーカード』参考書

初めてのコーヒーカード占い
税込価格:2,970円(本体2,700円)
サイズ:A5判・ソフトカバー・4色
ページ数:160ページ
著者:トリプルK(桜野カレン・香・高橋桐矢)

商品番号359
個  
コーヒーカードの詳細な解説が詰まった充実の指南書
現在もっとも人気を集めるカード占い「ルノルマンカード」のルーツとされ、1796年にロンドンで出版された「コーヒーカード」。大英博物館に現在も収蔵されているこのコーヒーカードデッキをもとに、ルノルマンカードリーダー「トリプルK」が新しくアレンジを加えた32枚のでデッキ「コーヒーカード」は、2018年に先行して登場しました。ルノルマンカードよりも本人の気持ちや本音がハッキリと暗示されると評判になり、SNSを中心に現在ますます広がりを見せています。
これまでカードのシンボル表しか存在しなかったこの「コーヒーカード」に、カードの意味やワンオラクル、多くの展開法や実占例を掲載した待望の一冊がついに登場。コーヒーカードファンが待ちわびた、トリプルKによる鮮やかなリーディングテクニック集です。