バッチフラワーレメディTOP

バッチフラワーレメディ トリートメントボトル

トリートメントボトル 30ml (瓶のみ)
税込648円(本体600円)

商品番号bach0100
個  
茶色の遮光ビンで煮沸に耐えるものです。スポイト部分が取り外し可能なので、ゴム部分と別に煮沸することができます。ストックボトルと同じ形になっています。また、このトリートメントボトルは使い捨てではなく、煮沸して何回でも使うことができます。
トリートメントボトルの作り方・使い方
同じレメディを長期間にわたって使い続けたい時や、複数のレメディを一緒に飲む場合は、トリートメントボトルを作ると便利で経済的です。
1. 30mlのトリートメントボトルにミネラルウォーターを瓶の肩口あたりまで入れます。約25ml程(ボルビックのミネラルウォーターがバッチ協会では勧められています)。
2. 選んだレメディを2滴ずつ(最多7種類まで)、レスキューレメディの場合は4滴をトリートメントボトルに入れてください。なお、レスキューレメディは1種類としてカウントします。
3. 完成したトリートメントボトルから1日4回以上、4滴ずつ飲むようにします。直接口にたらしたり、飲み物や食べ物に入れるなど、自分の続けやすい方法で飲んでいただいてOKです。もっと飲みたい気分の時や必要性を感じるような時には、たくさん飲んでもOKです。求めるだけ飲んでください。
4. トリートメントボトルは冷蔵庫で保管して、早めに使い切るようにします。2~3週間を目安に使い切ってください。保存料を入れる場合は茶さじ1杯ほどのブランデーやワインビネガーなどを入れます。
5. 感情や精神状態に変化が起きたら、あらためてレメディを選び直すようにします。トリートメントボトルでレメディの種類を加える場合には途中で足しても構いませんが(7種類以内)、種類を変える場合はもう一度、つくり直すようにします。
トリートメントボトルの煮沸消毒の仕方
トリートメントボトルは使い捨てではなく、煮沸して何回でも使うことができます。
1. 瓶を分解して洗ってください(透明のスポイト部分と黒いプラスチックの部分も分解できます)。
2. 瓶とスポイトのガラスの部分だけ煮沸します。鍋に全体が浸るくらいの水と一緒に入れ20分程度煮沸してください。
3. ゴムの部分とプラスティックの部分は良く洗ってから熱湯を通して消毒します。
※最初から入れると弱ってしまうので注意してください。
バッチフラワーレメディ セット
バッチフラワーレメディ40本セット+特製フラワーボックス
税抜価格:92,556円のところ‥‥
税込85,699円(本体79,351円)

商品番号bach999
個  
38種類のバッチフラワーとレスキューレメディ2本の40本セット。英国バッチセンター監修の小冊子付き。ボックスの寸法(mm):横262×縦195×高さ115
バッチフラワーレメディ ラインナップ